最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

フェスティバル

2014年12月 2日 (火)

第2回伝統芸能普及フェスティバル

11月30日、プラザイーストにて行われた
伝統芸能普及フェスティバルに出演してきました。

前日のリハーサルに続き、
当日も午前中にリハーサル。
念には念を。
Pic_0007

他の団体の様子を見るにつけ、
本番前からちょっと落ち込んじゃいました。
お昼ご飯を食べて、元気を出します。

1417434902087

1417434920242

1417434931922

午後三時過ぎ、
本番です。

子供のひょっとこ踊りから。
Pic_0013


Pic_0015

ばみりから舞台での踊り、お片付けまで、
太鼓組・踊り組本当にみんなよくできました♪
控室でもお行儀、よかったです
happy01


続いて屋台。

Pic_0019

恵子ちゃんのピンチヒッターの大役、
紗知ちゃん見事に果たせましたね。
この日のために、練習してきた笛もなんとかかんとか。ホッcoldsweats01

恵比寿舞。
ひょっとこさんがでてくると、いつも観客席から
ざわめきがおこります。
舞台を重ねる度に、ひょうきん度が増してますね、大郷さん♪
Pic_0021_2
Pic_0022
Pic_0028見沼で鯛が(?)釣れました~
さあ、踊りましょう。
おかめさんも誘って。

Pic_0024
大黒様も誘って。

Pic_0025

Pic_0026

Pic_0027
今回でフェスティバルは2回目でしたが、
1回目よりもお客様が大勢見に来てくださり、
客席もほぼ埋まり、立ち見がでるほどでした。
木崎からも多くの方々が足を運んで下さり、
何よりの励みになりました。
この場をお借りして、お礼申し上げます。


また、今回もお声をかけていただきました、
駒形囃子保存会の百足さん、
プラザイーストの赤羽根さん、
いろいろお骨折り戴き、有難うございました。

舞台に立てたこともよい経験ですが、
他の団体の、
磨かれた技の笛や太鼓、
趣向を凝らした踊りや舞台、
お囃子にかける情熱を目の当たりにし、
「私達も!」と、思わずにはいられない経験ができるのも、
このフェスティバルの醍醐味です。

さあ、いよいよ今年もあと1ヵ月切ってしまいましたね。
来年も、情熱を傾けたいことに心置きなく情熱を傾けられるよう、
とりあえずこの1ヵ月は、大掃除と忘年会に精を出し、
気持ちよく新年を迎えられるよう、体調を崩さず、
皆様も健やに年末をお迎えください
xmas

2014年11月15日 (土)

2014ふれあいまつり&さいたま伝統芸能普及フェスティバル

お囃子へのいざないです。

・11月22日(土)ふれあいまつり
  木崎小学校体育館にて、11時半から子供囃子会による演奏があります。
  
・11月30日(日)さいたま伝統芸普及フェスティバル

Img
木崎囃子会は、9団体中7番目の演奏になります。
休憩をはさみ、司会の柳家喬の字さんの独演会もあります。




お時間ございましたら、是非足をお運びください♪
 1416012917636_4




2013年11月25日 (月)

第一回伝統芸能普及フェスティバル

昨日はお天気もよく、
沢山の方が足を運んでくださり、
程よく埋まった客席と、
素敵なホールで、
その舞台に立てたのは、
とっても良い経験でした。
でも、・・・緊張しました。とっても。久しぶりに。

緊張しているのは子供達も同じ。
リハーサル前、
子供達が自発的に練習していましたっ♪
嬉しくって思わずパチリ。

P1030172

フェスティバル前日にも、
1時間のリハーサルをしたのですが、
当日も午前中に全体で通してリハーサルです。


P1030174 司会進行は、さいたま市出身の落語家、柳家喬の字さん。


P1030175
子供達、まだやっぱり緊張気味。。。
 
P1030176


P1030177_2

子供の太鼓組はリハーサル上出来。
大人も、頑張りますっ。


P1030180

踊りはスポットライトがあたります。
やっぱり緊張しますね。。。



P1030185_2

P1030195



P1030198

P1030199


P1030204
前日のリハーサルでは、どうなることかと心配になりましたが、
この分なら、本番大丈夫そう。

ホッと一息、お昼御飯です。

 
P1030205


P1030206_2


さて、本番ですっ!
会長のインタビューから。

P1030244_2

P1030213

P1030214
 
P1030215_2
P1030223


P1030226
P1030232

P1030233


P1030234

P1030235



P1030239
子供達のひょっとこ踊りは生き生きと、
太鼓は、ひょっとこが踊りやすい太鼓を、
八丁囃子はなんとかミスなく、
踊りは笑いを誘うお芝居を、

約20分の舞台を、
今の木崎囃子会が頑張れる分だけ十分に発揮できたと思います。

しかし、反省点は多々あり。
さらに、駒形囃子保存会さんや原山おはやし会さんを見るにつけ、
実力の差をまざまざと思い知らされ、

いろいろな意味で、勉強になり、また刺激になりました。

最後に、今回のフェスティバルにご尽力いただいた、
駒形囃子保存会の百足さん、
プラザイーストの赤羽根さん、
本当にありがとうございました。

第二回も、お声がかかるよう、今日から精進、精進!



P1030241

追伸:今回のフェスティバルも、2日間にわたり、
    お忙しい中、子供囃子会のお父さんお母さん、
    本当にありがとうございました。
    相変わらずいろいろな頼み事も快く引き受けて戴き、
    深謝です。