最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

会員募集

2011年12月21日 (水)

いつまでも若々しく

いよいよ年末です。

大掃除です。

昨日フル回転でお掃除をしたせいか、

はたまた寒いせいか、

今日はまったく体が動きません。

しかし、貧乏性の私。何かしてないと落ち着かず、

お掃除をして出てきた雑誌「プレジデント」を読んでいたら

こんな面白い記事が。

『オードリー・ヘップバーンは、晩年まで背筋が伸びて

口角がキュッと上がった若々しい姿をしていましたが、

あれはいつも「誰かのために、世の中のために

私に何ができるだろう」と考えるのが習慣になっていたせいで

扁桃体と抗重力筋の老化が遅かったからではないかと私は思います。』

(「嫉妬しない練習」植木理恵)

Photo_2 

記事を抜粋しただけなので、何のことやら?でしょうが、つまり

・脳の扁桃体は、社会的ネットワークや社会行動に関連していると考えられ、

 ボランティア活動を行っている人は、扁桃体の老化が遅くなる

・さらに、扁桃体は、抗重力筋(腹筋や背筋など重力と反対方向に働く筋肉)と

 相関があるので、老化の遅さは見た目にも表れてくる

ということらしいのです。

そういえば、お囃子会の旦那衆も皆若いっ!

皆さんほとんど70歳代なんですよ。

お囃子会の活動は、ご褒美にお酒が出ますが、ほぼボランティア。

しかし、社会とつながっていることで若々しくいられるんですね。

特に地域の人的ネットワークは、

やはり生身で、自分で、構築しなければなりません。

ちょっと勇気がいるかもしれませんが、

いつまでも若々しくいたい方、

是非私達と一緒にテンツクしてみませんか?

ご連絡、ご見学、ご入会、お待ちしております。

え?私は若いかって?

今年、とうとう「不惑の年」を迎えました。

若いかどうかは、ご見学にいらして、ご自分で判断なさってくださいナ。