最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 桜まつりに向けて | トップページ | 桜祭り »

2012年4月 1日 (日)

ラストスパート

若い頃は、桜の時期になると、

蕾の時から、桜吹雪まで、

一瞬でも見逃したくなくて、

気が急って日々落ち着かなかったものでした。

(私だけでしょうか。。。)

しかし、ここ数年、

ゆったりとした気持ちで、

桜を眺めることができるようになりました。

さあ、本日、見沼用水堤の桜、開花です!

014_3


そして、さあさあ、お祭りですよ。

来週の本番のメンバー、今日は勢ぞろいです。

006

008

間違えて、練習を止めてしまった私・・・それも今日は何度も・・・

気が急ってますねぇ。

桜のせいではないのに。

みんな、ごめんね。。。

001

細かいところもチェック。

002_2


今日はお昼ご飯を挟んでの練習。

待ちに待ったランチタイム。

午前中までしかいられなかったけい子ちゃんが、

シュークリームを作ってきてくれました。

本当に美味しかった~。

どうもありがとう。

009

本当は、ここで写真を載せられればよかったのですが・・・

このときはもうすでにおにぎりも唐揚げもシュークリームも完食。

食欲には勝てず。

けい子ちゃん、今度こそ写真撮るから、

また、よろしくねっ。

011

夜勤明けで、眠い。。。

012

菊澤Jrも、今日は重い鈴を鳴らして

盛り上げてくれました。

早く帰りたいのをがまんして

最後まで終わるのを待っていてくれたね。

ありがとう。

当日、木崎囃子会は、演奏を午前と午後の2回行います。

(午前は10時半~、午後は・・・進行次第となります)

時間が許せば、もう1回、できるかな?

この桜まつりは、ほかの地区の方との合同のお祭りです。

木崎地区の舞台は、

浦和西高校のほうから見沼用水堤に入っていって

いちばん三崎公園よりです。

(「第二農園」の看板が立っているところです)

022

そうそう、創作太鼓は、さらし一丁でやりますよ~。

・・・・・・う~ん、来年はもうちょっとマシなウソに致します。

エイプリルフールのネタはこれだけ。

ほかは全部本当です。

当日、皆様のお越しをお待ちしております。

« 桜まつりに向けて | トップページ | 桜祭り »

お稽古」カテゴリの記事

コメント

練習(リハビリ?)楽しませていただきました。さて、うちのおチビ、すっかり鈴当番の仕事をゲットしたと思っているようで、「オレ、舞台の上に上がっていいんでしょ?会長言ってたよね、オレの仕事が見つかったって。」・・・いや、たぶんそれは練習中のお仕事ってことで、本番の話じゃないハズ・・・ただ、彼の強い熱意に押され、当日おチビに嘘つき呼ばわりされたらいやなので、早速会長に聞いてみることに・・・。当日の周りの雰囲気を見てからだけど、小さめのハッピ、探してみようか・・・と、好感触なお返事でした。ってことで、「祭り太鼓」くらいなら、賑やかしに使っていただけそうな・・・。
舞台に出たい子出したい保護者のいる中で、囃子会にも所属してない子供を出させるのはどうかとも思うのですが・・・まあ平穏にいきたいので、率直なご意見いただきたいと思い・・・書き込み書き込み物申す

菊澤さんのお陰で、先日の練習、みんな声が出ていて、私もとっても楽しかったです。
おチビちゃんも、鈴、楽しそうでしたよね。「祭り太鼓」の賑やかし、私は全くよかよかと思います。
その一方で、足立神社での豆まきで、囃子会に属していない我が子を舞台にあげさせていただき、皆にご理解いただいたので、菊澤さんの心痛もまたよぉく分かります。
度々申している通り、いろんな事情がある大人同士、また、部活や習い事で忙しい小中高校生達、出来る人が出来る範囲で、また、それをお互い理解しあえていくことが、会に長く所属し続けられ、ひいては会を長続きさせていく秘訣のように思うし、理解しあえている仲間に恵まれているとも思っています。
なので、私の率直な意見は「よかよか」です。舞台袖あたりで盛り上げてくれると、ちょっと自信ない「祭り太鼓」を、自信もって演奏できそうなので嬉しいかも~。
ほかの皆さんは・・・ご意見如何?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1608671/44717421

この記事へのトラックバック一覧です: ラストスパート:

« 桜まつりに向けて | トップページ | 桜祭り »