最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

笛作り

私は久喜の出身で、

小さい頃、お隣に住んでいたおばちゃんちに遊びにいっては

よくピアノを弾かせて、教えてもらっていました。

だから、「ドレミのおばちゃん」。

昨年末、「ドレミのおばちゃん」独唱の、震災支援チャリティコンサートで、                   (郡山女子短大音楽科非常勤講師 井上才子先生です)

久喜総合文化会館に行ってきました。

その際、目に留まったのが、

「鷲宮催馬楽神楽」同時開催のワークショップ『蘭情さんの笛工房』。

001_2

Photo

15時開場にも関わらず、すでに蘭情先生を囲んで円座になっており、

開始時間をまたずに笛作り。

003

私の持っている笛は

お囃子用(古典調)の六本調子(シの♭から音階が始まる変ロ長調)。

古典調なので音階がはっきり調律されていません。

調律されていないところが良いのですが、

他の音階楽器と合わせにくかったり、

五線譜の曲が吹きづらかったりします。

今回作るのは、唄用の八本調子。

八本調子は「ド」から音階が始まるハ長調、

さらに唄用の笛の音階は平均律(ドレミ調)に近いため、

耳で聞いた曲が演奏しやすい笛です。

笛を作る、といっても、

ちょっとやそっとじゃあ出来ないところ全て蘭情先生準備済みで、

今日の作業は、

・唄口を楕円に削る

・管の頭に木片が詰められるよう、管の内径にあわせ整形

・管の両端をなめらかに整える

それでも約1時間かかり、見事完成!

010

008

参加者の多くは笛を吹いたことがない方々で、

笛の吹き方から教えていただきました。

コツは、

・息は下のほうにふく

・あごをおくのほうに

コツがつかめれば、これも理解できるんですが、

音が出ないうちは、ピンとこないもんで。。。

いろんな人からコツを聞き、いろいろ試しているうちに

自分のコツって分かってくるんですよね。

ちなみに私のコツは、口を、今流行の「アヒル口」にすること。

紗知ちゃん、笛をがびょうで飾ったままにせず、かんばって~

以下、忘備録。

・左手親指で、笛を下あごにおしつけることで、音がしまる。

・指の押さえ方=不得手な指からおさえ、後の指は自然に穴に乗せていく。

  右手~小指から

  左手~薬指から

・指と笛は直角に

005

004_2

吹いてみたいな~って思ったら、いつでも声を掛けてください、

子供囃子会の日は、いつでも持ってますよ~。

お母さん方もどうぞ~。

2012年2月24日 (金)

~アルバムめくって~

Img

Img_0001

Img_0002

2012年2月 5日 (日)

足立神社豆まき

春です。

立春です。

昨日は、足立神社にて豆まきが行われました。

004

006

008

お囃子会の子供達も、ひょっとこのお面や半纏の裾で頑張っていましたが、

なかなか。。。

次回はビニール袋持参ですね。

豆まきが終われば、お囃子会の演奏です。

003

控え室。初めてのお囃子の舞台↑で、緊張を練習で払拭中。

001

子供達のひょっとこ踊りから。

009_2

あれ、扇子がない、、、豆絞りが、、、ないっ、、、!

010

まだまだ練習が必要ですが、

今回は愛嬌のある舞台で、

それはそれで盛り上がりました、ネ。

012

会長の挨拶。

次は八丁囃子。

013

息子よ、頑張れ。

014

016

続いて、大黒舞。

021

022

023

ひょっとこ踊り。

025

027

おかめさん。

028

029

031

お日様が出ていましたが、やはり2月初旬、寒い中、

観てくださった皆様、ありがとうございました。

今度の舞台は、4月の「さくら祭り」です。

お囃子に加え、創作太鼓も披露しますので、

お花見がてら、見沼用水堤へ是非足をお運び下さいませ。

033 

~追記~

写真愛好家の方が、素敵に写真に残してくださいました。

ありがとうございます。

Img_0003

Img_0004

Img_0005

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »